« 岡山支部御遷座祭で思いを変えた後の珍事 | トップページ | 夢と浄化を通して前進を決意 »

肝腫瘍切迫破裂 余命宣告後、戴いた命を御神業に

皆様 地上天国祭おめでとうございます。
 
この度いただいた、御守護の報告をさせていただきます。
昨年9月1日の夕方 散歩から帰って一時間位休んでいました時、お腹が急に痛くなり焼け火箸で掻き回される様な激痛に襲われ、立つことも歩く事も出来なくなりました。
近くに住む次男を家族に呼んでもらい、20~25分浄霊をいただきましたが治まらず家族の者があまりにも苦しむ私を見て「救急車を」と言ったのですが、「直ぐに良くなるから待って」と浄霊をいただきながら我慢しておりました。
 
しかしあまりの痛みに耐え切れず近くの救急病院に行き、診察を受けました。 直ぐに「これは、大きい病院に行って下さい。」と救急車で県病院に転送されました。いろいろな検査の数時間中 痛み続け、気づいた時はベッドの上で沢山の点滴、管で身動き出来ない状態でした。
検査中、次男は代表先生に電話で、浄霊の急所と御指導をいただき、ずっと浄霊をしてくれていたようです。検査の結果 肝腫瘍切迫破裂 と言われました。肝臓がんの一種類とのことでした。
激痛とはいえ病院に運ばれ薬を入れながらの浄霊をいただく事に申し訳なさでいっぱい、となりましたが病院を入った以上どうする事も出来ず、メシヤ様にお詫び続けておりました。
医師より動くとまた痛みがでるので絶対安静と言われましたが、浄霊のお陰で、 痛みも少しずつ和らぎ2日より座って浄霊をいただけるようになりました。
支部責任者の茶谷さんや次男夫婦より沢山の浄霊をいただきながら御教えを繰り返し繰り返し拝読させていただき自己浄霊をしていると食欲も出、夜も寝られるようになりました。   
点滴もだんだんと少なくなり、食後の痛み止め 血圧降下剤、胃薬は一切 飲まず捨てました。そんな折 茶谷さんから9月15日の月次祭に御参拝来られない?とと言われ、まさか御参拝させていただけると思っていなかったので嬉しくて涙が出ました。担当医師に9月14日外泊許可のお願いをしたところ、「まだ早い、無理ですね。 何かあったらどうしますか?」と言われましたが、私はどうしてもと懇願しやっと許可をもらいました。
しかし、それまで頭がボーッと身体も重心が取れない状態でフラフラし、どうなるかと 思っておりましたが、月次祭では、 目の前がぱあっと明るくなり、身体も軽くなり頭もスッキリとして、なんとも言えない爽快な気持ちにさせていただきました。主神様、メシヤ様をまた拝させていただけただけでも有難い事であるのに、大きな御力をいただき心より感謝申し上げました。
代表先生より「浄霊をしっかり頂けばよくなるから肝臓を中心に右肋骨の下から斜め上に浄霊すると良いですよ。一日も早く退院するようにしなさい。」と御指導頂きました。
 
その後医師から現在の症状と今後の治療について家族立ち会いの元、説明がありました。
 
「このままだと癌がいつ転移するからわからないので、手術をして悪い所は取った方が
良いので今だったら体力もあるけど転移すると体力も無くなり手術も出来なくなります」  と言われました。
また「手術しないと余命は4ヶ月~8ヶ月ですね。。」と言われもし手術をしたら、
2~3年でも命の保証はありますか?と聞くと「それは人それぞれですから何とも言えません。」との事でした。
 
医師が言う事は絶対と思っている親戚や家族は、悪い所は取ってもらって完全に 治って帰った方が良いのでは?と心配してくれましたが、このまま自然体で行くので手術はしない。最後のわがままと思って聞いて欲しいと押切り手術はしない事にした以上治療はなく、9月21日退院致しました。
 
余命宣告をされた後は覚悟もしましたが、御浄霊をいただけばいただくほど日に日に良くなる身体となり、痩せることもなく、食欲もあり肝腫瘍切迫破裂と言う病名が嘘のようだと周りも驚いております。
 
先日退院後の定期検診で血液検査、エコー検査を受けたところ肝臓に小さな影が映り 癌の疑いがあるので更に詳しい検査を勧められました。
現在、時々、肝臓部に鈍痛もありますが、漢方薬を長年服薬していた為の浄化作用と 受け止めております。
メシヤ様と御縁頂いていなければ、先進医療の機器判断が一番、薬が一番と思っていましたので、直ぐに検査を受けたと思います。
 
御教えと真っ向からの違いに動揺も驚きもありましたが、今はこの教えが真理と気づき代表先生より医者は影を癌と見なすけれど、薬毒の曇りなのだからと聞いておりますので このまま御浄霊一本で乗り切りたいと思っております。
 
前回「命を救われた身体を私用に使ってはいけない」という御教えに基づいて 支部の奉仕、人救いの御神業に出来るところから身を捧げるようにと代表先生より 御指導いただきました。
今まで、任せきりであった支部での清掃や御用も含め人救いもしていなかった事を反省し率先して奉仕させていただくと共に一人でも多くの人に御浄霊を伝えて行かせて いただきたいと思います。
 
本日は、メシヤ様の御元での地上天国祭祭典の参拝許され、皆様の前で、晴れ晴れしく発表報告、赦されましたこと、主神様 メシヤ様に心より感謝申し上げます。
 
 
        有難うございました。

|

« 岡山支部御遷座祭で思いを変えた後の珍事 | トップページ | 夢と浄化を通して前進を決意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538424/59830469

この記事へのトラックバック一覧です: 肝腫瘍切迫破裂 余命宣告後、戴いた命を御神業に:

« 岡山支部御遷座祭で思いを変えた後の珍事 | トップページ | 夢と浄化を通して前進を決意 »